相続限定承認や相続放棄という選択肢

相続限定承認と相続放棄

相続限定承認

遺産よりも負債の方が多かった場合、残された遺産全てを債務に充てるものの、足りなかった分の負債は受け継がなくてよいという制度です。

 

負債よりも遺産の方が多かった場合には、負債を解決して残った遺産は、相続することができます。

 

実際に相続してみないと、負債と遺産のどちらが多いかわからないような場合に、単純承認という全ての財産を引き継いでしまうと、負債が大きかった場合、自分の財産から負債を返さなくてはならなくなってしまいます。

 

その様な場合には、相続限定承認の申し立てをしておくと、遺産の範囲内で負債を返し、自分の財産から返す必要はなくなるのです。

 

相続限定承認の申し立ては、相続開始の日から3か月以内に、全ての相続人の同意を得たうえで、相続限定承認の家事審判申立書を家庭裁判所に提出するもので、相続放棄をした人以外に子の申し立てに反対する人がいた場合には手続きができません。

 

 

相続放棄

全ての遺産の相続を放棄することです。

 

相続放棄をする場合には、相続開始から 3カ月以内 に相続放棄申述書を提出し、家庭裁判所に相続放棄の申し立てをします。

 

相続放棄は、遺産よりも負債が大きかった場合に放棄するというだけではなく、兄弟姉妹が家業の後継者にすべての遺産を相続できるように、放棄する場合もあります。

 

大きな負債があったにもかかわらず、相続開始後、3か月の間、相続放棄や限定承認相続の申し立てをしなかった場合には、自動的に単純承認とされ、負債を返済することになります。

 

相続人廃除と相続欠格についてはこちら