遺産を相続出来る人はどんな人?

遺産相続…法定相続人と法定相続分について

民法で定められている相続人になれる人

遺産の相続をできる人は、配偶者、子、被相続人の父母、被相続人の兄弟姉妹です。
ただし、子が亡くなっている場合には、孫 孫も亡くなっている場合にはひ孫が、相続人になって遺産を相続する代襲相続が適用され、孫やひ孫が相続人になれます。

 

そして、被相続人の父母が亡くなっている場合には、被相続人の祖父母、被相続人の兄弟姉妹が亡くなっている場合には、被相続人の甥や姪が代襲相続するので、相続人になれます。

 

 

法定相続分

法定相続分というのは、民法で定められている遺産の分割に対する配分の比率のことです。
遺産の分割は、相続人全員で話し合って、合意すれば、どのような配分で分割することもでき、法定相続分に沿って分割する必要はありません。

 

ただし、相続人の間で、分割協議が合意に至らなかった場合、裁判所によって、法定相続分で分割されることになります。

 

 

法定相続分の配分

夫婦だけの家族だった場合には、全ての遺産を配偶者が相続しますが、子供がいた場合には、半分を配偶者、半分を子が相続します。
子が複数いる場合には、2分の1の相続分が均等に分割されます。
子の中に養子がいた場合も、公平に均等に分割されます。

 

ただし、非嫡出子がいた場合には、子の2分の1が遺産として分割されます。

 

夫婦に子が無く、被相続人に父母がいた場合には、遺産の3分の2を配偶者が、3分の1を被相続人の父母が相続します。

 

夫婦に、子も父母もいなかった場合、4分の3を配偶者が、4分の1を被相続人の兄弟姉妹が相続します。