相続税は対策を取っておく事で、大幅に節税や面前を見込む事ができます。

相続税対策の方法とは

 

相続税は生前からしっかり対策を取っておくことでさまざまな節税方法を取る事ができます。
一生をかけて築いてきた大事な財産は相続が発生した際に、残された配偶者や子供に少しでも税金を引かれずに受け継いでもらえるように対策を取っておく事が大事です。

 

~主な相続税対策~

生命保険に加入する

生命保険に加入すると法定相続人の数×500万円が非課税となります。
相続税の基礎控除額が2015年1月1日より大幅に減額されて納税義務の発生リスクが出てきた人はこうした生命保険の非課税制度を利用する事で相続税発生を免れる事ができます。
例えば相続人が3名の場合は保険金が1,500万円まで非課税となりますので、1,500万円の預貯金などの資産を一時払い終身保険に変えてしまう事で、財産を減額でき相続税発生のリスクを回避できるケースもあります。

 

不動産に変えてしまう

現金で所有しているよりも不動産に変えてしまった方が相続税対策となるケースが多いです。
特にアパートなどの集合住宅を建てて賃貸として運用する場合は土地の評価減、建物の評価減、小規模宅地の評価減の対象になります。
結果的に相続税対策だけではなくて所得税や固定資産税の節税にもつながるケースもあります。
この他にも、子供や自分たちの為に居住用の住宅を建てる場合は住宅取得資金贈与の特例による非課税枠や相続時精算課税の特例による非課税枠を利用できるケースもあります。
不動産による相続税対策をしたい方は、まずは法律の専門家である税理士や司法書士・行政書士に相談してみると良いでしょう。

 

生前贈与を活用する

この方法は別ページ「生前贈与を活用する」でも詳しく紹介していますが、贈与の基礎控除を上手に活用する事で少しずつ相続財産を減らす事ができます。

 

孫への贈与

子を飛び越えて孫の代に相続させてしまうという手法があります。
この場合、孫への相続で発生する相続税は20%加算されるルールがありますので、利用方法を誤ると余計な相続税を払ってしまう可能性もあります。
中には、通常孫の代に相続をする場合は2回相続を通過する所が一回で済むのであれば20%加算はしょうがないと思う人もいますが、子から孫の代に相続が行われる時にも相続税が発生するだけの財産がある確証はないので、なるべく1回の相続だけで節税効果が高い方法を取るようにする事がおすすめです。
例えば相続人の生前贈与は相続開始1年以内にさかのぼって相続税の課税対象とされますが、相続人にならない孫への贈与であれば相続が開始されても相続税に加算する必要がない。
孫を養子に入れて相続人とすれば、相続税の基礎控除が増えるなどメリットが大きくなるポイントがあります。