相続税の税率と基礎控除学は平成27年1月1日より変わります。

相続税の税率と基礎控除

 

相続税の税率は法改正により、平成27年1月1日以降で税率が変わる事が決まっています。
相続税の税率は相続開始日(被相続人が死亡した日)を基準にして税率が適用となります。

 

~相続税の税率~

 

【平成26年12月31日までの場合】
1,000万円以下の場合 税率 10% 控除額 なし
3,000万円以下の場合 税率 15% 控除額 50万円
5,000万円以下の場合 税率 20% 控除額 200万円
1億円以下の場合 税率 30% 控除額 700万円
3億円以下の場合 税率 40% 控除額 1,700万円
3億円超の場合 税率 50% 控除額 4,700万円

 

【平成27年1月1日以後の場合】
1,000万円以下の場合 税率 10% 控除額 なし
3,000万円以下の場合 税率 15% 控除額 50万円
5,000万円以下の場合 税率 20% 控除額 200万円
1億円以下の場合 税率 30% 控除額 700万円
2億円以下の場合 税率 40% 控除額 1,700万円
3億円以下の場合 税率 45% 控除額 2,700万円
6億円以下の場合 税率 50% 控除額 4,200万円
6億円超 の場合 税率 55% 控除額 7,200万円

 

となっております。
平成27年1月より、法定相続分に応ずる取得金額が2億円を超える場合の相続税は増税となります。

 

~相続税の基礎控除~

上記相続税の税率だけを見れば相続を受ける金額に関わらず最低でも10%の相続税が加算されるように見えますが、相続税には基礎控除があり、一定の基礎控除額を超えた場合のみ相続税の申告・納税が発生します。
相続税の基礎控除学も平成27年1月以降に相続が開始される場合は実質の控除額が縮小となります。

 

相続税の基礎控除学
【平成26年12月31日までの場合】

5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

 

【平成27年1月1日以後の場合】

3,000万円+600万円×法定相続人の数

 

となります。
この法改正により、相続税の申告者の割合がこれまでの約4%から6%ほどにまで上昇する事が予想されています。
まずは法定相続分に応ずる取得金額を相続税の税率により算出を行い、その金額が法定相続人の人数によって決まる基礎控除額を上回った場合のみ相続税が発生します。

 

法定相続分と法定相続人