失踪者がいた場合の遺産相続はどうなるのでしょうか

相続人の確定と失踪者の遺産相続

遺産の相続を始めるには、遺産を相続する権利のある人を全て明確にする必要があります。

 

遺産相続…法定相続人と法定相続分についてはこちら

 

その為に、被相続人の戸籍などを調査するのですが、この中に遺産を相続する権利がありながら、生死が不明な人がいた場合には、失踪宣告の手続きをする必要があります。

 

失踪宣告の手続きは、消息を絶ってから7年間以上に渡り、戦争や船舶の沈没などの特別な事情がないにもかかわらず生死が不明な場合には、配偶者、財産管理人など、法律上で利害関係にある人が、定められた書式で記載された申立書、不在者の戸籍謄本(全部事項証明書)、不在者の戸籍附票、失踪を証明する資料、親族関係であれば戸籍謄本(全部事項証明書)などの申立人と不在者の利害関係を証明する為の資料を揃えて普通失踪として家庭裁判所に申し立てをします。

 

申し立てに応じて、家庭裁判所の調査官が、申立人や不在者の親族などに対して調査を行うのと同時に、官報と、裁判所の掲示板で、不在者に対しては、生存の届出をするように、一般の人に対しては、不在者の生存を知っている場合にはその旨の届け出をするようにという催告を3か月以上の期間に渡ってします。

 

この期間は、戦争や船舶の沈没などの特別な事情のより、不在となっている人の特別失踪の申し立ての場合には、1か月以上の期間に短縮されます。

 

それぞれの期間を過ぎても、届け出が無かった場合には、裁判所が失踪の宣告をします。

 

申立人は失踪の宣告がされた後10日以内に、家庭裁判所に失踪の審判書謄本と確定証明書の交付を申請し、市区町村の役場に失踪の届け出をする必要があります。

 

失踪宣告を受けた不在者は、死亡したものとみなされますので、相続人からは外されます。
そして、失踪宣告を受けた人の財産は、相続が開始されます。